魅力

強度

ドライウォールの壁は強くて気密性の高い壁だが、この強くてという意味は割れない壁のことではない。

割れないのは前提で、さらに強い壁、ジョイント処理をしていく段階で強度が増してくる。

強度が増した大壁と大壁をさらに完璧にジョイントしていく、さらにその壁面と天井をジョイントする。

完璧なひとつの箱にする、枠組壁工法そのものなのです。

石膏ボードは石膏を紙で両面から挟み込んだボードで、見た目にはかなり弱そうに見える。

確かに真正面からの衝撃には簡単に割れたり折れたりするが、横方向からの力にはかなりの強度があると思う。貼り方、留め方にも因るが。

このボードで出来た箱の強度と気密性が、ドライウォールのひとつの魅力だ。

美しさ

私はドライウォーラーでありペインターなので仕上げは当然ペイントを薦める。

ペイントの質感、美しさはクロスや左官塗りでは出せない。

ペインターだからそう思うのかもしれないが、、、、多分そうだろう。

仕上がった壁を見ていると、質感と美しさに魅了される。

ペイントも私は米国製を好む。なぜなら国産の水性塗料では出せるカラーが限られるのと、色の濁りを感じるからだ。

米国の塗料は濁りがなく、透明感があり仕上がりに奥行きがあり、吸い込まれて行くような感じさえうける。

別に私はカブレているわけではないが、長年見てきてそう感じるのです。

ドライウォール+ペイント仕上げの壁は強くて美しい、この二つを兼ね具えているのです。

メンテの良さ

汚れれば塗ればよい、飽きれば塗ればよい。

キズがつけば、パテで補修、穴があけばテープやボードでパッチすればよい。

別にプロは必要ない、DIYで簡単に補修が出来る。

最初に確実なドライウォールを施工しているから出来ることなのです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now